森の国

LIFE

森の国の暮らし

Earth Hour 2021 at ORiGaMi terrace

「EARTH HOUR(アースアワー)」とは、世界中で同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意思を示す、世界最大級のソーシャルグッドプロジェクト。

2007年からWWFが始めたこのプロジェクトは、世界中に広まり、日付変更線に近い南太平洋諸国から始まり、現地時間の20:30を迎えた地域から順次消灯を行い、消灯リレーが地球をぐるりと1周する。
2021年は、3月27日に実施された。

水際のロッジでは「ただ消灯するだけでなく、地域やお客様とこの思いを共有する方法はないか」と考え、お客様や地元の方々と共にキャンドルを作った。

実はこのキャンドルはレストランの廃油を使い、容器は使わなくなった廃材を集めている地元のガラス工房さんから譲っていただいたり、目黒の方々から集めてきたもの。
捨てられてしまうものに再び命を吹き込み、美しいキャンドルとして生まれ変わらせる。

20時30分。夜の滑床渓谷は火の光と月と、自然の声だけの神秘的な世界となる。

地元のバーテンダーさんもお呼びして、一夜限りのバーカウンターもできキャンドルと月明かりの下で、大人の時間を過ごす。

生演奏を聞きながら地球に想いを馳せる。

今回アースアワーのテーマともなっている「グリーンリカバリー」とは、地球温暖化の防止や生物多様性の保全をしながらコロナ禍から復興し、よりサステナブルな未来をめざそうという考え方のこと。

電気が普及したことで、火を見ることや、月を愛でる機会も少なくなってしまった昨今だが、1時間だけでもエネルギーに頼らない生活をしてみることで、いま本当に必要なものはなんなのか、再考するきっかけとなる。

モノに溢れ、時間に追われる日々だからこそ、今あるものを削ぎ落とした先に、今までは気がつかなかった価値が見えてくるのかもしれない。

ライター/井上美羽

森の国の暮らしを
もっと見る。

心を洗いに、
森におじゃましませんか。