森の国

LIVING

森の国の住人たち

寄り添う接客

ホテルサービス

広島県福山市出身の村上真優佳さん。サン・クレアには、一昨年の10月にジョインし、福山市のオリエンタルホテル、アンカーホテルでフロント業務を経験した後に、2020年10月に森の国水際のロッジにやってきた。接客が大好き、という彼女にホテルでお客様と関わる接客という仕事について、インタビューをした。

ここで働くことが誇りになる

もともと海の近くで親戚がやっている民宿のお手伝いをしていた彼女は、建築系の事務のお仕事も経て、お客様と話をすることが好きだということに気付き、接客業の道に進むことに決めたという。
転職活動をする中で見つけたのが、サン・クレアがここ水際のロッジの3年前にオープンした広島県福山市のアンカーホテルのフロントスタッフ。実際に面接をして、すぐにここで働くことに決めた。

「人事の栗田さんと最初に面談をした時に『僕はなんでも正直に言います。現状会社はこういう状況です。でも、サン・クレアという会社は、ここで働いていましたというだけで、すごいと言われるくらい、ここで働くことがステータスになるくらい、これから大きくなっていく会社だと思う。」と言い切られていたんですよね。」

「なかなかいらっしゃらないじゃないですか。そんな風に、はっきりという方。面白いな、と思ってここで働きたいと思いました。」

接客業の魅力とは

高校の時からのバイト経験を通して、お客様と直接話すことに楽しさを感じたという彼女は、接客業の魅力について語る。

「私は本当は人見知りなんです。人見知りなんですけど、自分が何かをして、その人がニコニコしてくださったり、楽しそうにしてもらえたりするのが本当に大好きなことに気がついたんです。誰かの支えになる職種は他にもたくさんあるとは思うんですけど、私は、直接お客様の顔を見たかったんです。」

また、接客業の中でも、レストランとホテルではジャンルもやることも全く違う。

「飲食店は、ご飯を食べる間、対面している一瞬の時間の中でいかにお客様に満足していただくかを考えていくと思いますが、ホテルの場合はその時間で終わらない関係を築くんですね。例えば何ヶ月も前から予約があって、事前に電話をしたりメールでやりとりをして、会う前から、お客様がどんな方なのかを想像します。そして滞在中も、夜のこと、明日のことなど、先のことも想像して動く必要があります。」

水際のロッジは、スタッフとお客様との距離がとても近いことが特徴だ。ここはホテルというより、第二の家に来たような雰囲気を味わえる。

「ここでは、お客様と深く関われることが嬉しくて、ここで働くことができて良かったと思いました。去年ここで働き始めた時に、本当にしたかった仕事ってこういうことなんだ、と、泣きそうになりながら里美さんと話をしたことを覚えています。」

特に、ある女の子とのエピソードがとても印象に残っているという。
「去年の秋に来てくださったご家族で、5歳くらいの娘さんがいたんです。その女の子はすごく静かな控えめな子で。その子に、どうにかここを楽しんで欲しいと思い、たくさん声をかけていました。」

「そのうち、少しずつ心を開いてくれて、『あ、お姉ちゃん』みたいな感じで寄ってきてくれるようになって。
そのご家族のチェックアウト前日、女の子から『次の日会える?』と聞かれて、次の日は私がお休みだったので、『会えないの』と伝えたところ、夜、女の子がわざわざ私を探して、『お姉ちゃんにまた会いたいからくるね』と書かれた手紙をくれました。」

「もう、それをもらった瞬間に『あ、私がしていたこと、良かったんだ』ってすごく嬉しくて。」

そう語る彼女は、心の底から『接客』という仕事が好きなんだということを物語るように笑顔で話す。

そっと一歩引いた接客を

「接客にも色々な種類があって、わたしはここに来て、どんな接客の方法がいいんだろうと考えていました。
例えば、自分から積極的にお客さんに話しかけに行くのと、そっと一歩引いて何かあった時に行くっていう接客の方法があって。
一番お客さんと親しくなれる接客の方法は、前者の積極的に関わりを持つことだと思っていたんですけど、後者の、お客様がここを体験しながら、自由に色々なことを感じてもらって、お客様が不安になった時、わからない時にそっと手を差し伸べてあげるという関わり方が、自分に合っていると思うようになりました。」

今一番目標としていることが、『あのお姉さんがいるから、あのホテルに行こう』というお客様をどんどん増やしていきたいと思っています。

のんびりと生きる

将来は、自然の中でのんびりとした空気の中で、自分の好きなコーヒーと接客ができるゲストハウスで働きたいという夢を持つまゆかさん。自然が大好きな彼女はここ森の国の生活環境もぴったりだ。

「毎朝、山を車で登ってきて、車から降りて、ここの滑床渓谷の空気を思いっきり吸うんです。その日の気温や時間によって山の匂いや景色が結構変わるので、改めてこんなところで働けるって最高だなと思いながら働いています。」

まゆかさんとのインタビューは終始柔らかい雰囲気に包まれていた。まゆかさんから溢れ出る優しい空気がこの森の国の自然に上手く溶け込みながら相乗効果を生み出し、お客様を癒してくれる。

コーヒーが大好きだという彼女は、今、水際のロッジでお客様に美味しいコーヒーを出すために、豆の選び方や淹れ方なども勉強中だという。

森の国にきた時は、ぜひ彼女にコーヒーの話で声をかけてみてほしい。きっと、フワッとした笑顔で振り向いてくれるだろう。

ライター/井上美羽