新型コロナウィルス感染防止対策宣言
RESERVE CLICK
森の国 ONLINE STORE CLICK
SCROLL

ABOUT
水際のロッジについて



水際のロッジは、
森の国に流れる
目黒川のほとりにあります。

日本最後の清流と呼ばれる
四万十川源流、目黒川。

この水のように、気ままに
生きてみたくなる。

そんな新鮮な気持ちに
させてくれる
ロッジ型の
宿泊施設です。

ABOUT
森の国とは
⾵が⾶びまわり、樹々が組みあい、
⼟がはびこり、⽔が⽣きている。
呆れてしまうほどの⾃然に囲まれたことは
ありますか。
理解が及ばない、拝みたくなるような
命に触れたことはありますか。
⼈にはつくれない、ありのままの森。
それが、森の国です。


姿

四万⼗川へと向かう⽔。都会で流れる川とはちがい、義務的ではなく、あるがままの姿で流れている。
⼈も、ほとんど⽔でできているのだから、この⽔のように気ままに⽣きていけるのではないだろうか。
そんなことを考えてしまう、不思議なまでに美しい川がここにあります。



滑床渓⾕に息づく樹々は、屋久島のような⼤⽊ではありません。
しかし、そこには屋久島とは別の「命の衝動」があります。
諦めることなく伸びた根。折れてしまうほど⻑い枝。
そして、割れた幹から⽣まれた新たな樹。
この樹々たちの⽣き⽅こそが、
私たちが⼿本にすべき⽣き⽅なのかもしれません。



滑床渓⾕の⾄る所に鎮座する「巨⽯」。
なぜここにあるのか。どうしてこの形になったのか。
何千年も昔から苔と共に⽣きてきた巨⽯は、転がっているのではなく、そこに⽴っているように⾒えます。
ありのままを受け⼊れ、⽂句ひとつ⾔わずに⽴つ。
その威⾵堂々と⽴つ姿に、きっと貫禄を感じるはずです。



森の国において、⼈は部外者です。
本当の主は、⿅や猿などの動物たち。
たくましく、そして臆病に⽣きる彼等を
どうか優しく⾒守ってあげてください。
⼀瞬の出会いになるかもしれませんが、必死になって⽣きる野⽣の気⾼さを感じるはずです。



松野町初代町⻑ 岡⽥倉太郎⽒
⾵が⾶びまわり、樹々が組みあい、⼟がはびこり、⽔が⽣きている。
呆れてしまうほどの⾃然に囲まれたことはありますか。
理解が及ばない、拝みたくなるような命に触れたことはありますか。
⼈にはつくれない、ありのままの森。それが、森の国です。